×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


V O L T     P E A K
TOP NEWS  LIVE   MEMBER  SONG   LINK   MAIL

鈍 色    詩/曲:YUCCA

錆びついてる
この窓の外で光る夜
死にそうな眼
ただ痛みに耐える孤独

繰り返して
同じことを昨日も今日も
色も味も無い
痺れてゆく無感情に

そう確かに
息をしてる 鼓動を感じる
たったそれだけの事で
生きているはずなのに

この声を聞いて少しだけ
私の存在を認めて
今確かに響いてる音で
私を感じて


染みついてる
生ゴミみたいに鈍い朝
切れそうな糸
たぐり寄せて痛む指先

繰り返して
同じことを今日も明日も
部屋の隅で小さくなって
待つ夜明け

そう確かに
愛している この世も人も
ただ それだけに虚しい
相容れえぬ孤独

君がもし傷ついたとして
誰がその痛みを知るでしょう
これだけの人がいても
交ざれぬ 悲しい事実


この声を聞いて少しだけ
心の隅に残しておいて
そしてもし君に届くのならば
それだけでいい

この声を聞いて少しだけ
心の隅に残しておいて
今確かに響いてる音で
私を感じて

ここで私を感じて・・・